純烈 白川裕二郎 結婚報道

白川裕二郎さんの結婚相手は一般女性で、8年前にすでに入籍しており、子どもはいないそうです。結婚報道を受け、純烈の原点でもある健康センターにて急遽ファンへの会見を開き、300人のファンの前での喜びの報告となりました。

純烈・白川裕二郎の友井雄亮がいなくなって良かった発言が物議…ぶっちゃけにネットでは言い過ぎの声も (2019年2月22日) 純烈メンバー会見、解散否定し4人で再出発…友井雄亮のDV問題等強く非難、復帰の可能性は無しと断言 (2019年1月15日) 「純烈といえば、マダム層の圧倒的支持に支えられてきただけあって、女性関係には特にナーバスになっていました。リードボーカルの白川裕二郎(42)も元日にスポーツ紙で報じられるまで、8年前に結婚していたことを明かさなかったほど。 スーパー銭湯アイドルとして中高年を中心にブレークし、紅白歌合戦への出場も果たした純烈のリードボーカル・白川裕二郎さんが結婚をしていたことが明らかになりました。お相手は一般女性の方で、8年前に結婚をしていたそうです。幸せいっぱいの白川裕二郎さんについてご紹介します。目次本名:白川裕二郎(しらかわゆうじろう)白川裕二郎さんは1995年に朝日山部屋に入門し、9月場所で初土俵を踏みます。しかし、ケガのため1996年にわずか1年で引退を余儀なくされました。その後は母親のすすめもあって俳優を志し、2002年に特撮ドラマ『忍風戦隊ハリケンジャー』のカブトライジャー役で俳優デビュー。イケメンヒーローとして人気を博しました。2007年になると俳優の酒井一圭さんに誘われる形で、5人組歌謡コーラス・グループ「純烈」を結成します。健康センターやスーパー銭湯などで地道な営業を続け、年間ステージは200を超えるほどになり、2016年に7枚目のシングル『幸福あそび・愛をありがとう』が結成以来初となるウィークリーチャート第1位を記録。2018年には全国7か所で初のコンサートツアーを開催し、紅白歌合戦への初出場を果たすなど人気を博しています。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦に初出場した5人組歌謡グループ「純烈」のリードボーカル・白川裕二郎(42)が結婚していたことが1日、分かった。純烈は紅白歌合戦に出場後の1日未明、下積み時代からステージを重ねてきたスーパー銭湯3店で凱旋ライブを開催。午前3時すぎから埼玉・草加市、神奈川・厚木市と立て続けにまわり、午後6時すぎには座間市の3店目で最終ステージを行った。この日、10年前に結婚していたと一部で報じられた話題を振られた白川は、集まった約300人を前に「はい、結婚してました。10年前ではなく8年前です」と報告。ファンから祝福の拍手を浴びた。白川裕二郎さんの結婚相手は一般女性で、8年前にすでに入籍しており、子どもはいないそうです。結婚報道を受け、純烈の原点でもある健康センターにて急遽ファンへの会見を開き、300人のファンの前での喜びの報告となりました。結婚を発表し、公私ともに充実した白川裕二郎さんの今後の活躍に注目していきましょう。 2018年、紅白に初出場して人気絶頂のスーパー銭湯アイドル純烈のメンバーの一人である友井雄亮さんが、過去の複数の交際女性に対する暴力や金銭問題について報じられました。それを受けてメンバーの白川裕二郎さんがファンに号泣して謝罪したことが話題に 近頃、人気急上昇中のアイドルグループ「純烈」のメンバーで、センターのボーカルを務める白川裕二郎(しらかわゆうじろう)さんがイケメンだと話題になっていますよね。 そこで、今回は白川裕二郎さんの彼女と結婚して子・・・ 昨年大みそかの紅白に初出場した男性5人組グループ・純烈の友井雄亮(38)が1月9日、「文春オンライン」で報じられた女性スキャンダルについてグループのブログで謝罪した。 「文春オンライン」では、友井が14年ごろから同棲していた女性へのDV疑惑を報道。さらには別の女性の貯金3,000万円超を使い込んだ疑惑や、別の女性との浮気などを10日発売の「週刊文春」(文芸春秋)で詳報すると予告している。 「純烈といえば、マダム層の圧倒的支持に支えられてきただけあって、女性関係には特にナーバスになっていました。リードボーカルの白川裕二郎(42)も元日にスポーツ紙で報じられるまで、8年前に結婚していたことを明かさなかったほど。それだけに、友井さんのスキャンダルは大ダメージです」(レコード会社関係者) ブログで友井は「この度の週刊誌の記事により、日頃純烈を応援してくださっているファンの皆様及び関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪。 そのうえで、「記事の内容につきましては、すでに解決にはなっておりますが、自分の気持ちとしては今でも相手の方々には大変申し訳ないと思っておりますし、心から深く反省しております」と説明。「今後は、自らの人生を真摯に見つめ直し、二度と同じような事態を起こさないように致します」としているが……。 「メンバーの小田井涼平さん(47)と結婚したLiLiCoさん(48)も、これまでいろいろとグループを盛り立てていました。そして念願の紅白出場でグループの認知度をアップさせたばかりだっただけに、最悪のタイミング。しばらくはどこの営業に行っても“謝罪行脚”となりそうです」(芸能記者) 昨年は破竹の勢いだった純烈だが、今年は早くもはいばらの道が待っているといえそうだ。Official Site株式会社光文社Copyright (C) Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.