白黒 勝ち負け どっち

相撲では、勝敗結果が一目見てすぐ分かるように星取表が用いられています。 この星取表は白と黒の丸印で、試合の勝敗を示した表です。勝ちを白丸、負けを黒丸で表し、それぞれ「白星」「黒星」と呼びます。 日本最古の星取表は1761年10月のもので、実に250年以上も前から使われていたんです。 

チェスのルールは複雑な部分があり、また使用される用語も多岐に渡っている。 そのため本稿では、「チェスのルール」を2つに分類した上で解説する。 狭義のチェスのルール : 駒とチェスボードに限定し … まずは、基本的な意味です。「雌雄を決する」とは、「勝ち負けを決める・決着をつける」という意味です。 例えば、以下のように使います。この場合は、「ついに優勝チームが決まる!」「泣いても笑っても決着が着く!」ということですね。 「雌雄を決する」は、人と人が競い合い、勝ち負けをはっきりさせる時に使います。したがって、スポーツ・ビジネス・政治など様々な場面で使える言葉と言えるでしょう。 白星は「勝ち」、黒星は「負け」を意味します。 色からしても、なんとなく白が勝ち、黒は負けというイメージがありますよね。  なぜ白丸、黒丸を「星」と呼んだのでしょうか? それは、江戸時代頃の日本では丸い印のことを「星」と呼んでいたことが由来しているのです。江戸時代までの日本は、丸印が星に見立てられていたんですね。     白星・黒星の由来は、相撲にあります。その由来は、相撲で使われていた星取表が由来となっています。 

相撲では勝敗がすぐに見分けがつくよう星取表が使われています。 この星取表は「勝ち=〇」「負け=●」の記号で表しています。 そしてこの星取表から白星・黒星と言われるようになったそうです。ただし、なぜ勝ち=〇、負け=●になったのかは定かではありません。  金星とは、前頭の力士が横綱に勝つことです。 相撲には10種類の階級があり、その中でも横綱、大関、関脇、小結、前頭は「幕内(まくうち)」と呼びます。 幕内の中で最も低い階級の前頭が、一番階級の高い横綱に勝つというのは凄いことなのです。 そのため通常の「白星」ではなく、「金星」と言います。  白よりもすごく価値がある星なので、「金星」と言われるようになりました。ちなみに小結以上が横綱に勝っても、「金星」とは言わず、通常通りの「白星」です。  勝ち=〇、負け=●となった理由ははっきりとは分かりませんが、取り組みで負けて倒されると土が付きます。 そのお相撲さんの姿が黒くなるからというのが由来ではないかとされています。この説が有力ではありますが、はっきりとしたことは分かりません。  相撲では、「金星(きんぼし)」という言葉も使われます。 ニュースで「〇〇関が金星をあげました!」と言っているのを聞いたことがある人もいるでしょう。では、この金星とはいったい何のことでしょうか?     この白星・黒星は主にスポーツで用いられています。 特に大相撲では力士の勝敗を白黒で表すので、馴染み深いですね。また、将棋や囲碁などの勝負事でも使われています。  この白星・黒星は元々は大相撲から使われるようになりました。  ネット回線をの2大老舗ブランド「So-net(ソネット)」と「@nifty(ニフティ)」両社は昔からずーっとライバル関係が続いており、今でもその関係は続いています。あまりにもお互いを意識しすぎるあまりに、プランや月額、初期費用・キャンペーンまで非常に似通ったサービスになっております。 勝敗を表す「白星」と「黒星」はどっちが勝ち? なぜ白黒の星で表すようになったのか access_time 2020/06/06 22:08 create FUNDO folder 動画 勝敗を表すとき、勝った場合は「白星」、負けた場合は「黒星」と呼びますよね。特にスポーツなどの勝負事で用いられることが多いです。では、なぜ勝敗を表す際に白星や黒星…(2020年6月6日 … 勝敗を表すとき、勝った場合は「白星」、負けた場合は「黒星」と呼びますよね。特にスポーツなどの勝負事で用いられることが多いです。 では、なぜ勝敗を表す際に白星や黒星と呼ぶようになったのでしょうか?今回はその由来などについて調べてみ… SHARE目次日本で古くから神事として、親しまれてきた大相撲。大相撲の人気が高まってきたという事がたびたび報道されています。横綱の暴行問題、親方同士の選挙・役職がらみの報道など、土俵外の話題が多かったのは残念ですが、相撲のもつ魅力は不変のものです。以前は、大相撲というと、おじいちゃん・おばあちゃん、おじさん達が見るものというイメージがありましたが、最近ではスージョ(相撲女子)と呼ばれる、若い女性のファンが増えているようです。確かに相撲中継をみていても、時々テレビに映し出される光景には、一時期と比較して若い女性の姿が非常に多いと感じるようになりました。大相撲のテレビ放送では、勝敗を伝えるだけでなく、毎回放送のテーマがあるのですが、「相撲女子」が取り上げられ、女性に嬉しい大相撲の観戦ポイントが紹介されていたことも記憶に新しいです。なぜ、若い女性が相撲に魅力を感じるのか?そこにはたくさんの理由があると思いますが、昔と比べて見栄えの良いイケメン力士が増えたことも挙げられるのではないでしょうか。また、永谷園やベビースターラーメンなどの、テレビCMなどにも力士が登場したり、より身近な存在に感じることができます。タレント性のあるスター力士の台頭、日本人横綱の誕生、イケメン力士の活躍などで、今後もますます目が離せない大相撲界。今回は、一瞬で白黒(勝敗)がハッキリとつく大相撲の、勝敗の分かりやすさについて書いていきます。さて、「大相撲に興味はあるけれど、どこから見たらいいのかわからない・・」という、相撲初心者の方もいらっしゃると思いますが、1時間ほど見ていると勝敗はすぐに理解できるようになります。大相撲は、ルールがとにかく「 シンプル 」。誰が見ても分かりやすいものです。勝敗にかかわるような重要なルールはそれだけです。基本的に力士は、対戦相手の力士を円(土俵)の外に押し出そうとしています。円の外に押し出したら勝てるからです。もし、相手が重かったり、力が強くて押し出せそうにない時は、まわしを掴んで土俵に投げつけて勝とうとします。相撲で負けることを「土がつく」と言いますが、対戦相手の「足の裏以外」の身体の部位を土俵につけても勝てるからです。土俵の中で、鍛え上げられた男が裸一貫でガチンコ勝負して決着をつける。そのわかりやすさが魅力です。細かいルールも存在することはします。相手のちょんまげを掴んだら反則とか、3分以上の試合(取組)では休憩がはいる(水入り)などという、細かいルールは複数ありますが、実際に発生するのが稀なルールに関しては覚える必要は一切ありません。例えば、サッカーでいうオフサイドのような、長い説明が必要な難しいルールは一切なく、まったく知識がない初めての状態でも、気軽に見はじめる事ができます。また、大相撲中継ではしっかりと解説もつき、同時に土俵から出てしまった場合などは、スロー映像などもでますので、その意味を納得しながら見ることができます。大相撲は、勝負が決するまで時間がかかりません。平均15秒から30秒くらいで決着がつく取組がほとんどです。野球やサッカー、バスケットなどは本気で見始めると決着がつくまでに何時間もかかりますが、大相撲は一試合15秒から30秒で決着がつきます。鍛え上げられた男たちの魂のぶつかり合いが一瞬の中に凝縮されています。忙しい現代人にとっては、ぱっと見られて、すぐに白黒(勝敗)がつく大相撲は、魅力的ですね。大相撲は、引き分けという曖昧な決着はなく、必ず白黒の勝敗をつけます。引き分けという制度自体がなく、どっちが勝ったかが明確に勝敗(白黒)がつきます。勝ち負けがわかりづらい、現代社会に生きている私たちにとって、必ず白黒がはっきりつく大相撲は、見ていてとてもすがすがしい気分になります。また、取組のあとにそのあとの様子をアナウンサーが取材して伝えてくれるのですが、勝った力士は「 今回はたまたま運がよかったので勝てました 」とか、惜しくも敗れてしまった力士は「 弱いから負けました 」など、いつでも謙虚な精神がその根底にあり、大相撲を見た後はとてもすっきりした気分になれます。裸一貫で、成り上がっていた力士の男らしさや、生き様、そして謙虚で崇高な精神に触れることができる大相撲から今後も目が離せません。次の記事 Yutaka HitoseYutalog編集長 / ITジャーナリスト。月間最高20万PVのデジタル情報サイト運営中。ライターさんも継続募集中。お気軽にフォームからご連絡ください。 © 2020 yutalog All rights reserved.