デスノート 海外 事件

集英社広報室は「これまでデスノートに触発されたとみられる事件は聞いたことがない。今回の事件については、詳しい情報が入っていないので何とも申し上げられない」としている。

「海外版デスノートみたけど控えめに言ってもクソだよ」 「グロ描写は頑張ってましたね。 ファイナルデッドシリーズ風味でした」 「ネトフリ版デスノート。想像以上にダメだったなあ」 「netflix版デスノート、皆頭悪くて笑った」 ベルギー紙デルニエルールによると、9 月 28 日夕、公園の遊歩道に両太ももと下半身が置かれているのを通行人が発見。 ローマ字のつづりは一部間違っている。

デスノート 14 カ国で翻訳/中国「心身に悪影響」摘発 キラは海外 14 カ国で 430 万部を販売している日本の人気漫画「death note(デスノート)」の主人公で、死に神の助けをかりて殺人を繰り返す夜神 月(やがみ・らいと)の別名。 デスノートは「週刊少年ジャンプ」(集英社)に平成 16 年 1 号から 18 年 24 号まで連載され、単行本(12 巻)の累計発行部数は約 2700 万部という人気漫画。 日本を代表するポップカルチャー「アニメ」。日本での人気は言うまでもありませんが、海外でも大きなイベントが開かれたりするほどの人気がありますよね。でもなぜ、アニメは海外でそこまで人気になったのでしょうか?今回は、その理由を徹底解剖していきます! 死体が捨てられていた公園は高級住宅街に近く、警察によると、凶悪犯罪は極めて少ない地区という。
「キラ」を名乗る人物が死に神の助けを借りて殺人を繰り返す筋立てのデスノートは、ベルギーでも翻訳版が若者らに人気。 【ブリュッセル=尾関航也】ベルギーの首都ブリュッセル市内の公園で、切断された若い白人男性とみられる死体の一部が見つかり、そばに「私はキラです」との日本語がローマ字書きされた 2 枚のメモ紙が残されていたことが 2 日、分かった。 【ブリュッセル福原直樹】「ワタシハ キラ デス」(Watashi Wa Kira Dess)——。 メモ紙には、2 枚とも手書きで「WATASHI WA KIRA DESU」と書かれ、1 枚ずつ異なる色のインクが使われていた。 「デスノート」は、死を操れるノートを手にした青年が、社会正義を実現するため凶悪犯に「天罰」を与える物語。 【ブリュッセル = 共同】ベルギー紙デルニエルールによると、首都ブリュッセル南部の公園で切断された白人男性の遺体が見つかり、近くに日本の人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」のせりふ「わたしはキラです」と読める日本語をローマ字で書いた紙片が置かれていたことが分かった。 日本以外にベルギーのほか米国、中国、韓国など世界 14 カ国で売られており、その販売部数は合わせて約 430 万部。

9 月 28 日午後、散歩中の市民が公園内で男性の両太ももと胴体の下部分を発見。
「キラ」は日本の人気マンガ「デスノート」に登場する連続殺人犯の名前で、警察は、作品に触発された猟奇殺人の可能性があるとみて調べている。 「産経新聞」2007 年 10 月 4 日付朝刊より。 遺体脇にせりふ/「デスノート」か/ベルギー マンガ「デスノート」の中では、「キラ」は、犯罪を憎む余り、死に神の力を借りて世界中の犯罪者を次々と殺していく。 1 日付の同紙によると、9 月 28 日午後、散歩していた市民が男性の両もも、下腹部を発見。 「毎日新聞」2007 年 10 月 3 日付夕刊より。 デスノート対策本部特別チーム特別捜査官。総一郎にリクルートされ、配属された。デスノート事件に精通しており、10年前のキラ事件を元にデスノートを研究したノートを何冊も作っており、七瀬からは"デスノートオタク"と度々からかわれている。 【ブリュッセル = 共同】ベルギー紙デルニエルールによると、首都ブリュッセル南部の公園で切断された白人男性の遺体が見つかり、近くに日本の人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」のせりふ「わたしはキラです」と読める日本語をローマ字で書いた紙片が置かれていたことが分かった。 YOMIURI ONLINE より(「読売新聞」紙上の記事確認できず)。 日本でも大人気の作品『デスノート』ですが、海外ではどうなのでしょうか。海外では、『デスノート』を「裁き」とは何か?「正義」とは何か?ととても深いテーマで観ている人々多いようです。それでは、海外の反応をご紹介します。まず、『デスノート』を観た海外の反応で特に多かったのが、デスノートを裁きとして使用した夜神月についての是非です。海外では日本よりも死刑についての意識も高く、作品を通して人が人を裁くことについて考えている人が多いようにみられます。海外の反応では、アニメ作品を深く捉える傾向にあります。続いては、死神リュークについての海外の反応です。アニメファン以外の声も紹介します。アニメファン以外の一般の人にも、『デスノート』は面白いと評価されているのがわかります。『デスノート』は海外でも大人気で、概ね高評価を得ていますが、中には疑問の声も上がっています。『デスノート』の海外の反応をご紹介しました。『デスノート』はやはり海外でも大人気でした。日本と同じく、夜神月とLの頭脳戦に海外の人々も胸を踊らせているようです。特に海外の反応で顕著なのが、「罪」や「罰」や「正義」について深く考える人々です。アニメをエンターテインメントとして現実とは切り離して考える日本とは違い、海外の人々はアニメ作品から現実を捉え直すという観方が主流のようでした。 地元警察によると、見つかったのは両足の太ももと胴体の下半身部分。 欧州では日本のコミックが人気を集め、「デスノート」も翻訳版が出版されている。

捜査にあたる同国のコルパン司法官によると、死体の一部が発見されたのは 9 月 28 日夕。 デスノート殺人犯の名残し、男性のバラバラ死体…ベルギー 切断遺体にメモ「私はキラ」/ベルギーの公園/ローマ字日本語使う/漫画「デスノート」模倣? 「朝日新聞」2007 年 10 月 4 日付夕刊より。 ・ 海外の名無しさん Netflixの実写版を見てから、デスノートに自分の名前を書いたよ。 ・ 海外の名無しさん あと、ポテトチップスのシーンがなかった。 ・ 海外の名無しさん レイシストだって言われないために、Lが黒人なことには触れなかったね。 「日本経済新聞」2007 年 10 月 3 日付夕刊より。 日本では、「ジョジョの奇妙な冒険」(荒木 飛呂彦)の吉良 吉影(きら よしかげ)を指すのではないか、とも推測されています。 「デスノート」は今年 1 月にフランス語版、4 月にオランダ語版が発売されたばかり。 「デスノート」殺人?/切断遺体近くに「キラです」/ベルギー 「日刊スポーツ」2007 年 10 月 4 日付より。 日本でも大人気の作品『デスノート』ですが、海外ではどうなのでしょうか。海外では、『デスノート』を「裁き」とは何か?「正義」とは何か?ととても深いテーマで観ている人々多いようです。それでは、海外の反応をご紹介します。『デスノート』の海外の反応 ベルギー切断遺体にメモ/「わたしはキラです」

ベルギー紙「デルニエルール」によると、首都ブリュッセル南部の公園で切断された白人男性の遺体が見つかり、近くに「WATASHI WA KIRA DESS」と書かれたメモ 2 枚が発見された。 ストーリーは、そこに名前を書かれた人は死んでしまうという死に神の「デスノート」を手に入れた主人公が、理想の世の中にしようと犯罪者を次々に殺していくという展開で、「キラ」はこの連続殺人犯の呼称。 ベルギーのバラバラ遺体に/「私はキラ」のローマ字メモ/人気漫画「デスノート」影響か 【ブリュッセル = 岸善樹】ベルギーの首都ブリュッセル南部の公園で 9 月末、ばらばらの男性の遺体が見つかり、ローマ字書きの日本語で「私はキラです」と読めるメモが見つかった。